貴石箱たちとの再会

合宿の記事が長くなってしまったので、こちらは後編です。

 

今回の合宿で私が一番うれしかったこと、それは、私が手掛けた貴石箱を皆さんが連れてきてくれたことです!

 

携帯用の簡易ケースをお届けした方も、わざわざ本体の方をお持ちくださいました。

 

 

丁寧に大切に、しかも敬意をもって扱っていただいて、もう本当に感謝の嵐です。

 

 

それぞれの貴石箱のストーリーは下記のページからご覧いただけます。

 

癒し空間ひかりのしずく:貴石箱詳細

 

03.jpg

 

貴石箱大集合。

 

これから仕上がる貴石箱の素材(天然石やエナジープレート)もそれぞれのオーナーさんのアンクと一緒に並べていただきました。

 

02.jpg

 

佐藤先生と杉本先生の共同作業によってアンクに込められたエジプトの王の間のエネルギー、陰陽統合のエネルギー、そして養成講座生それぞれの願望が叶うよう願いを込めて結んでくださったリボン。

 

授けていただいてから1年、それぞれの持ち主のエネルギーと共鳴し合い、ご本人を含め関連するたくさんの方々に幸せや必要な課題をもたらしてきたアンクたちです。

 

今回の合宿で最新の時空力エネルギーとのチューニングもなされたことでしょう。

これからますます活躍の場が増えますね!

 

 

一年前の合宿に参加していた時には、「貴石箱」という名称だけは降りてきていましたが、形としてはこの世の中に存在していませんでした。

それが、一年間でこんなにも…。

 

私が生み出した作品であり装置なのですよね。

感無量です!

 

 

13.jpg

 

こちらは今回追加でお届けした奥 敬子さんの貴石箱「マザーアース」用の保護巾着です。

 

「包まれる感覚、包み込む感覚を触感で表現するように」という貴石箱の神様からの指示により、柔らかな縮緬生地と手触りのいいレース地を組み合わせました。

 

合宿2日目、私はなぜか引き寄せられるように奥さんの隣の席にいました。

 

奥さんがずっとこの巾着に触れて癒されているのを隣で見ていて、「触感で表現」と指示をくださった貴石箱の神様、いつもながらすごいな、ありがとうと感謝せずにはいられませんでした。

 

05.jpg

 

佐藤先生の貴石箱「ヴェシカパイシス(いのちのゲート)」

 

佐藤先生のセッションで大活躍の天ジュラムたちの収納ケースです。

 

0150b.jpg

 

これを縫い合わせて

 

0150c.jpg

 

こうなったものを表地としました。

 

06.jpg

 

3本の天ジュラムを納めた様子。

それぞれに専用の居場所があるので、もうチェーンが絡む心配はありませんキラキラ

 

口金を開くと、そのままスタンドのように立ててお使いいただける仕様です。

 

ただいま貴石箱の詳細ページを作成中。

 

09.jpg

 

こちらはセレナイトのワンドを納める袋の緩衝材を、波動の優しいオーガニックコットンで編んでいるところ。

セレナイトは柔らかく壊れやすい石なので、少し厚みが出る模様で編みます。

 

10.jpg

 

この精麻は、特等級の中から更に厳選した麻を、北斗七星の映り込む井戸のご霊水になめし、職人さんが一つ一つ祈りを込めながら制作した特別なものと聞いています。

 

11.jpg

 

絆結びとしてロープ状に撚り合わせます。

 

12.jpg

 

ぽそぽそとはみ出した細い繊維の部分を焼き落とします。

大地のエネルギー、井戸のご霊水のエネルギー、そしてこの時点で火のエネルギーが入ります。

 

08.jpg

 

S様のワンド収納袋はこうして出来上がりました。

表面にはお守りに使われることが多い二重叶結びを。

 

14.jpg

 

諸事情あって完成が遅れていた智実さんの貴石箱「原点回帰」は合宿までには間に合いませんでしたが、間もなく完成します。

 

漠然と心に抱いていた未来のビジョンを明確化するために、エメラルドの原石が組み込まれることになりました。

 

15.jpg

 

智実さんの貴石箱と同時進行で進められている由美さんの貴石箱は、ウエディングサテンをメイン生地として、画像のエナジープレートやムーンストーン、ターコイズ(スリーピングビューティー)を組み込むとても洋風な仕上がりになるのですが、なぜかタイトルが「大政奉還ー翔ー」。

 

ご本人だからこそ連想される数々の深い意味が込められている模様です。

こちらも間もなく完成します。

 

 

 

貴石箱をお申込みくださった皆さま、こまめに個別の進捗をお伝え出来ず申し訳ございません。

素材の準備と必要なタイミングが整った方から順次製作に入っていますので、順番をお待ちくださいませ。