かみさまのおくりもの

「神の愛 愛の神としてそなた伝えよ」
事代主神様からいただいたお言葉を胸に
ご訪問いただく方の心に響くよう、
大切に「ことのは」を綴っています。

| TOP | PROFILE | ENTRY | CATEGORY | ARCHIVES | LINK | OTHERS |
生命の鍵

ほぼ一か月ぶりの投稿となります。

 

この一ヶ月に起こった物語を順番に記事にしていこうと思いますが、まずは現在地から。

 

3月19〜20日の2日間、時空力メソッド養成講座の東京合宿が行なわれました。

合宿の内容については後日記述しますが…佐藤先生の投稿にもある通り、私、倒れました。

 

それは、2日目のフィードバックが行なわれている最中のこと。

 

私たちがワークをしている間に佐藤先生がエジプトの王の間のエネルギーを封入したアイテムを受講生ひとりひとりにパッケージしてくださっていたようで、その場所からじわじわとエネルギーが部屋中に広がり始めていました。

 

もうその時点で私の体は変調をきたしていたのですが、佐藤先生がそのアイテムをひとりひとりに渡し始めた時、椅子に座っていることもままならなく床にうずくまりました。

 

床の感覚がなくなりかけ、真っ白で大きな光に一気に吸い上げられ、意識が飛びそうになるのを必死で抑えました。

 

養成講座一期の奥敬子さんも同じように倒れ込み、ふたりでぐったりしていたところ、他の方が思いもかけず「笑い」という手段で私たちを三次元に繋ぎ止めてくださいました。

 

ふう、あぶないあぶない。

そのまま光に還っていたら、事件になってしまうところでした。

 

そして、「笑う」ということは肉体と魂を結びつける作用があるのだと深く深く実感&体感しました。

 

10.jpg

 

そのアイテムがこちらの「アンク」です。

 

アンクとは「生命」を意味する古代エジプトの重要な象徴記号であり、エジプト十字とも呼ばれます。

 

ちなみに、画像の花はカラー。

ナイルのユリとも呼ばれます。

 

この形に重要な意味があるだけではありません。

 

「ゴッズ・オブ・エジプト」という特別なツアーで古代エジプトの叡智とエネルギーを受け取って帰国された、佐藤先生と旦那様の杉本先生おふたりによる「王の間のエネルギー」が封入されたプライスレスなアイテムなのです。

しかも、前日に私たち受講生ひとりひとりの願いをヒアリングし、その願いが叶うようにエネルギーを込めてリボンを結んでくださいました。

 

もう、これは家宝です!

 

帰宅してから、棚の奥にしまいこんでいた「図説世界シンボル事典」を開きました。

 

「古代エジプトの絵画や彫刻などには、神々がアンクをつかんで人間に差し出す様子がしばしば描かれている。また肉体の死後も霊が生き続けることを表現するために、アンクだけが単独で描かれることもある。この十字形は鍵の形を連想させるため『生命の鍵』あるいは『ナイルの鍵』とも呼ばれる。」

(本文より抜粋)

 

この説明を読んで鳥肌が立ちました。

 

佐藤先生のお部屋で倒れ込み、うずくまっていた時に私が視たビジョンは、

「光の中から私に向かってそのアンクを差し出している二本の腕」

 

あれは神様の腕で、私は神様からこの特別なアンクを受け取ったということなのでしょうか。

 

 

『生命の鍵』

このキーワードに集約されるこの一ヶ月の出来事を、これから書き綴ってまいります。

 

11.jpg

 

女性らしい柔らかさを表現してみようと思ってソフトフォーカスをかけてみました。

倒れた後に移動したばかりだったので、私は若干魂が戻りきっていないうつろな感じがします(笑)。

 

「貴重な学びになった」

「非日常な体験ができた」

「自分の弱点が浮き彫りになり課題が明確になった」

 

そしてそれ以上に私たちは二日間、佐藤先生と杉本先生が共にいらっしゃる同じ空間にいたことで、とてつもなく大きなものを受け取ったのだと感じています。

それが何かは、これからこの物質次元で個々に必要な形で現象化していくことで後にわかっていくことでしょう。

 

 

合宿明けの翌日からは、4度目のホスティングエンジェルが始まりました。

26日の夜までは五大天使が滞在しています。

まだセッションの空き枠がありますので、気になっている方はこの機会にいかがでしょうか?

 

セッション詳細はメニューページからご覧いただけます。

 

| 22:35 | 思うこと・想うこと | - | - | posted by 蒼(あおい)



 セッション詳細は
 『メニューページ』から
 ご覧いただけます


左上 右上
左
ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
右
左下 右下
<< NEW | TOP | OLD>>