かみさまのおくりもの

今日、久しぶりにブログ解析を見てみたところ、私のブログに来てくださるきっかけとなった検索ワードのTOP5に大きな変動が起こっていました。

 

ブログ検索上位キーワード(直近3ヶ月)

1.うまくいきそうでいかない理由

2.虻田神社

3.かみさまのおくりもの

4.千歳神社

5.時空力

 

佐藤由美子先生の新刊「うまくいきそうでいかない理由」が、「虻田神社」を抜いてトップに!

これまでの1位は、ほぼたいてい神社の名前でした。

 

神社・神様・仏様・大天使の名前、

お守りの使い方、

神社で神様に歓迎されているサイン、

オラクルカードの読み解き方、

時空力メソッドに関するキーワード

(「10秒ワーク」「前提」「次回募集はいつ?」「養成講座はどうしたら受講できる?」など)、

 

いろいろなキーワードや文章で検索されたご縁で、私のブログにご訪問いただいているようです。

 

私という不思議な生き物を愛でる(観察する?)感覚で以前から来てくださっている方に加え、現在は時空力メソッドに関心がある方、時空力メソッドをすでに学ばれている方が、多く訪れてくださっているのだと思います。

 

 

みなさま、いつも私の長い文章をお読みいただいて本当にありがとうございます。

 

 

この検索キーワード3位に、ブログタイトルの「かみさまのおくりもの」が含まれていますが、それとは別に「かみさまのおくりもの蒼さん」と検索してくださった方がいらっしゃいました。

 

「天から派遣された存在としての私」というニュアンスを感じて、ほわ〜んと心が温かくなりました。

ありがとうございます♪

 

 

ブログタイトルを「かみさまのおくりもの」としているのには、私の強いこだわりがあります。

 

すべてがひらがな表記なのは、一音一音を丁寧に感じたかったから。

 

これは屋号でもあり、サイトタイトルでもある「ひかりのしずく」も同じです。

言葉の一語一語を更に丁寧に、一音一音を大切に綴り、発信したいという私の想いの現れです。

 

そして「かみさま『の』おくりもの」

 

「神様が私のために与えてくれるギフト」なら「かみさま『からの』おくりもの」の方が適切。

 

でも、私は与えられるためだけに存在しているのではありません。

 

私は「かみさま『への』おくりもの」でもあるのです。

 

三次元の世界に物理的な変化をもたらすことができる「人間」という形を、私の魂は選びました。

 

「私を天の道具としてお役立てください」

私の毎朝の神棚への祈りには、必ずこのフレーズが入ります。

 

聞きようによっては、このフレーズは「自己犠牲」や「生贄」をイメージする方もいらっしゃるかもしれませんが、私はもうすでにその体験を味わうステージを終了しています。

 

私のこの部分は天の道具として合格だけど、

この部分は不適格。

 

自分に対するそんなレッテルも全部はがしました。

自分でかけた制限に囚われ続けることは、もうやめたのです。

 

なぜなら私は生まれる前に決めてきた、自分の魂の望みを叶えるために、今ここに在るのですから。

私の全存在をかけて、叶えるために。

 

 

とはいえ。

私の存在そのものがこの世界へのギフトであるという考え方が深く腑に落ちたのは、つい最近のことでした。

 

私のブログへの検索キーワード1位、書籍「うまくいきそうでいかない理由」にはCDが付属しています。

脳波をシータ波に誘う佐藤由美子先生の瞑想が、Track3に収録されています。

 

「あなたはいのちのおくりものです」

 

この言葉に心が震えたのは、私だけではないはず。

 

表面的な幸せ・成功・興味・探求ではなく、自己存在の最奥から湧き上がる魂の声に気づき始め、その声に応える時期が、今、訪れています。

 

「価値ある自分」を高い視点から自覚し尊重できるようになると、それまで想像すらできなかった未来の可能性が浮上してきます。

 

人によってはある日突然。

人によっては穏やかにゆっくりと時間をかけて。

 

 

今は非公開にしている2年前の記事を抜粋します。

 

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※

 

 


シータヒーリングのプラクティショナーとなり、自分自身を懸命に癒していた頃。


私は、「抑圧していた」ということに気づけないほど巧妙に、そして強固に、深い奥底に沈めてきた私本来の感情の数々を、段階を追いながら少しずつ解放してきました。


時には思いがけず大きなフタが開き、「なるほど、これは隠したくなるよね」というような過去の記憶や感情が芋づる式に引きずり出されて、ぼろぼろ涙したことも数知れず。


それでも、向き合える時期がきたからこそ、フタは開いたのです。

 


自分自身への癒しと赦しが進んできたある時期、いつの間にかそれまではまったく考えもしなかった新しい選択肢が生まれていました。


私がヒーリングのセミナーを受講したきっかけは、他の誰のためでもなく、自分自身を知るため、癒すためでした。


けれど、その過程を経験したからこそ、私にもできることがあるかもしれない。
私も、誰かのために、役に立ちたい。


私に、そんな大それたことができるなんて思ってもみませんでした。
想像しようとしても、想像できませんでした。
自分自身の傷や痛みを癒すまでは。

 


私にもできる?
できそうな気がしました。


でも、失敗したら?
そう考えた途端にできない気がしました。

 


自問自答を繰り返す日々の中、何度も心に浮かぶ言葉がありました。


「ナサニエル」


エルという語尾から天使の名前かなと思い、検索してみましたが当時は見つかりませんでした。
ドリーンバーチューさんの著書の中でも、ナサニエルという名は見当たりませんでした。


当時、よくわからないままに、手帳にメモだけを残しておいたのです。

そして、ある日突然

 

「できるできないじゃないよね、やるかやらないかだよね」

 

と不思議なほどに吹っ切れて創ったサイトが「癒し空間ひかりのしずく」。
書き始めたブログのタイトルが「かみさまのおくりもの」。

このふたつのタイトルには、決めた時には気づいていなかった、私にとっての深い意味があったのです。

「ナサニエル」
当時、検索してもわからなかったこの言葉。

数年後、書籍で目にすることになった私は大きな衝撃を受けました。


NATHANIEL
火のエレメントを司る大天使
浄化・変容・超越・神性の象徴
名前の意味:Gift of God 神の贈り物

心に浮かんだ言葉は気のせいではありませんでした。

私のそばには大天使ナサニエルがいてくれたのですね。
それはもうわかりやすく、ブログのタイトルにその名の意味をつけてしまうくらいに。


一度は事情により閉鎖したこのブログを再開する時にも、私はタイトルを変えませんでした。
「かみさまのおくりもの」以上に納得できるタイトルが思いつかなかったからです。

それは今も変わりません。

 

何も知らないままに、私は大天使ナサニエルの導きをいただいて、このブログを続けていたのでした。
もちろん他にもたくさんのサポートあってこそ、このお仕事を続けていられることに感謝しています。

 

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

 

 

人間らしさ全開で「価値のない自分」を生きていた過去の私は、まず自分を癒すことから始めました。

 

今まで無意識に目を背けていた自分自身とまっすぐに向き合って、語り合って、和解して。

 

その過程で、それまでは絶対に無理だし選ばないと思っていた「新しい選択肢」が自然発生していました。

 

いつしか自分の中に育っていた「私にもできることがあるかもしれない」という想い。

最初はかすかな響きにしか感じられなかったそれは、気づけば私の中に大きな波紋を広げていました。

 

「私も、誰かのために、役に立ちたい」

 

そして私は普通のOLを辞め、今の仕事を始めるに至ったのです。

 

過去の私と同じ段階で、今も悩み続けている方々がいらっしゃいます。


乗り越えてきた私だからこそ、お伝えできることがきっとある。

そう考えて、ここ最近の記事は私の過去に触れてきました。

 

 

 

「かみさまのおくりもの」である

 「蒼」の言葉を必要としている方に、

   私の存在を知っていただけますように。

 

私は、ここにいます。