かみさまのおくりもの

「神の愛 愛の神としてそなた伝えよ」
事代主神様からいただいたお言葉を胸に
ご訪問いただく方の心に響くよう、
大切に「ことのは」を綴っています。

| TOP | PROFILE | ENTRY | CATEGORY | ARCHIVES | LINK | OTHERS |
女神と妖精の宴

神社リトリートセッション第二回目は、美瑛、旭川、新十津川を巡るプラン。

 

『女神と妖精の宴』と銘打った今回の神社リトリートは、当初、白金青い池やしらひげの滝、ぜるぶの丘など、自然要素も取り入れての企画でした。

 

ですが、天気予報は降水確率70%のあいにくのお天気。

ぜるぶの丘のラベンダーや他の花もまだ咲きそろってはいないようです。

 

クライアントさんの意向で水辺の散策は別の機会に回すこととして、今回も友人Kさんの運転協力のもと、神社と道の駅を堪能することにしました。

 

 

車中でのお題は「まったく男という生き物は…!」(笑)

 

弾む話の中に入り混じっている違和感を見逃さずに掘り下げたり、一見ネガティブな出来事を別の視点から捉え直したりと、大きな視野で自分の世界を観察しながら車は進みます。

 

 

まず最初に向かったのは美瑛神社…のはずでしたが、道中目につく道の駅を発見しては「寄りますか?」「寄りましょう!」という会話が繰り返され、アスパラやトマト、ニンジン、大葉などの地物野菜の他にも、お土産用のお菓子やお酒など、いきなり楽しいショッピングタイムから始まりました。

 

いちごやさくらんぼ、メロンなどの果物も並んで、道の駅は美味しい香りが漂います。

 

 

大収穫の野菜たちを手にほくほくしながら道を進むと、なぜか気になる赤い鳥居が踏切の向こうに見えてきました。

ものすごい吸引力で呼ばれている感覚です。

 

私だけではなく、友人Kさんも気になる様子。

そんな時は躊躇せずに寄り道です。

 

私たちを呼び止めてくださった神社は「神楽神社」。

 

41.jpg

 

【神楽神社】

旭川市西神楽2線15号273番地1

 

+++御祭神+++
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
八幡大神(はちまんおおかみ)
春日大神(かすがのおおかみ)

 

千木の形が内削ぎ(水平)なので女神様のお社だとは思いましたが、天照大御神様に八幡様に春日大神様も!

 

なるほど、こちらの神社を参拝させていただくことになったのも必然。

お参りさせていただいた感謝をお伝えして、美瑛へ向かいます。

 

42.jpg

 

【美瑛神社】
上川郡美瑛町東町4丁目701番地23


+++御祭神+++
天照大神(あまてらすおおかみ)
伊邪奈岐神(いざなぎのかみ)
伊邪奈美神(いざなみのかみ)
家都御子神(けつみこのかみ)
大國主神(おおくにぬしのかみ)

 

縁結び、恋愛成就の御利益をいただける神社として有名な美瑛神社。

美しく壮麗なお社にはハートがいっぱい。

 

44.jpg

 

手を合わせた途端に滝のように降り注ぐ、女神様からのエネルギー。

私にも、クライアントさんにも、友人Kさんにも、同じように降り注いでいます。

 

ただ、そのエネルギーを受け入れられる器の大きさがそれぞれ違いました。

女神様からのギフトを受け取ってもいいと、自分に許可を出せているかどうか、基本的な違いはそこなのだと思います。

 

自分自身のことをどう感じ、どう扱っているか。

自分を貶める思考領域が大きいほど、私なんかが受け取ってはいけない…と、壁をつくって遮るように手を前にかざしてしまうのです。

 

 

神々様からクライアントさんに渡されたお言葉は、「身近な縁を大切に。その縁の先にそなたが待ち望む縁がある」

 

身近な縁とは、自分と親しかったり一緒にいて楽しいと思える人たちばかりではなく、自分にとって試練となるような人物も含むのだそう。

 

「身近な縁…うーん、誰だろう…」とクライアントさんはかなり真剣に想いを巡らせていらっしゃいました。

 

 

また「そなたは好き嫌いが多すぎる。嗜好をもつのは良いが、容認の範囲を拡げよ。さすればそなたの世界も拡がろう」とも。

この言葉をクライアントさんがわかりやすいように、「0か100か」「枠」の例で説明しました。

 

45.jpg

 

社務所にいらした素敵な龍神様。

ひとめで心を奪われました!

 

46.jpg

 

「龍神様こんにちは!お写真撮らせてください」の図。

ひとつ上の画像では勇猛なイメージの龍神様が、こちらではとても優しい雰囲気に。

というか、照れていらっしゃる…?

 

66.jpg

 

えぞみくじ美瑛神社バージョンは「とうもろこしみくじ」

小さなフォークリフトをリモコンで操作し、とうもろこしを一本収穫します。

 

47.jpg

 

心がほっこり和むおみくじです♪

 

67.jpg

 

御朱印も素敵なのです♪

 

 

さて、この日も早朝からの出発でしたので、早々にお腹が空いていました。

旭川に移動してのランチタイムです。

 

48.jpg

 

予約したのは「エスペリオ」

建物の前には可愛いお庭が広がっています。

 

ここへきてやっと『女神と妖精の宴』のフェアリー要素が出てきました(笑)。

 

49.jpg

 

こちらは甘えびとカブのクリームソースパスタ。

目の前でチーズを削ってトッピングしてくれます。

 

美味しいランチは女子旅の醍醐味ですね♪

 

50.jpg

 

【旭川神社】

旭川市東旭川南1条6丁目8番14号

 

+++御祭神+++
天照大神(あまてらすおおかみ)
木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)

 

ちょうどこの時、おみくじを結ぶ木枠を設置中でした。

以前訪れた時にはなかった枯山水の石庭が、女神様たちのお社をより一層格調高く感じさせてくれます。

 

52.jpg

 

金次郎さんはこの日も社務所の前で勉学に勤しんでいらっしゃいました。

 

51.jpg

 

参道の両側にも石庭が造られ、美しく調えられています。

 

66.jpg

 

真剣にお祈り中。

個人情報保護のため、クライアントさんのお顔に葉っぱを重ねさせていただきました。

 

旭川神社の女神様からのお言葉は「心に隠し持つ武器を置いてゆけ。私たちが預かろう」というものでした。

人を責める気持ち、言葉もまた、刃となりうるのだ、と。

 

武器を振るわずとも持つだけで、無用な攻撃を受けることもあります。

互いの怖れが諍いを生むのです。

 

「もしも私たちが武器を持っているのなら、そのすべてをこちらに置いていきます。

その武器は、平和と調和のために別の形に変えてお役立てください。

お預かりいただきありがとうございます」

 

神殿の扉を開いてお待ちくださっていた女神様たちに心からの感謝を伝えました。

 

54.jpg

 

旭川神社参拝では恒例のおもかる石体験。

 

まず一度石を持ち上げてみて重さを確認し、手を当てて願いごとを唱え、もう一度石を持ち上げます。

一度目より軽く感じれば願いは叶う、とされています。

 

 

曇り空での参拝でしたが、お社を背景に友人Kさんが私を撮影しようとした時、突然雲間が開けて陽が射してきました。

植物のものと思われるふわふわの綿のようなものが漂ってきて、蝶がひらひらと優雅に飛んできました。

 

数枚の画像を撮影し終えた直後に、陽射しは雲に閉ざされました。

 

「さすが蒼さん!空からスポットライトが降りてきましたよ!」

 

神社でのこういった会話は、私にとっては日常茶飯事です(笑)。

 

56.jpg

 

【出雲大社 新十津川分院】
北海道樺戸郡新十津川町中央32-9

+++本殿ご祭神+++
大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)

+++相殿神+++
天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
高皇産霊大神(たかみむすびのかみ)
神皇産霊大神(かみむすびのかみ)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
産土大神(うぶすなおおかみ)
天穂日命(あめのほひのみこと)

+++左脇殿+++
熊野本宮坐大神(くまのほんぐうにますおおかみ)
住吉大神(すみのえのおおかみ)

+++右脇殿+++
出雲大社龍蛇神

+++祖霊社+++

幽冥主宰大神(かくりよしろしめすおおかみ)

 

57.jpg

 

古代の出雲大社社殿からお出ましになる大黒様のお姿が描かれた絵馬型の看板。

社務所では同じ絵柄の絵馬もありますし、ご朱印帳にもスタンプを押していただけます。

 

60.jpg

 

手水舎にはとても福福しい笑顔の大黒様。

見ているだけで幸せになれそうです。

 

58.jpg

 

大黒様といえば白うさぎ。

因幡の白うさぎのお話で大活躍のうさぎさんは、実は妖精なのではないかと思ってみたりしました。

 

61.jpg

 

大黒様を囲んで、とてもにぎやかな空間です。

実際に、大黒様の歌も流れます。

 

63.jpg

 

筋骨たくましい狛犬さんは、とても豪快に笑いそう。

参拝者が願う姿を、頼もしく見届けてくれます。

 

島根の出雲大社を参拝した時には手にすることができなかった、平成の大遷宮限定「蘇守」をこちらで授かることができ、クライアントさんも大満足。

「蘇守」は車中で話題になっていた「おみくじの気になる部分」の答えでもありました。

 

投げかけた問いに神様が応えてくださる、そんな実感も得ることができた充実の時間でした。

 

 

当初のプランではここまでで時間いっぱいいっぱいだったのですが、なんと、最後に旅の締めとしてお茶をする時間が取れました。

 

64.jpg

 

新十津川の素敵な古民家カフェ「ヤマト」です。

 

65.jpg

 

シフォンケーキのセット。

紅茶のカップも可愛らしくて、「女子旅、ばんざい!」と思いました(笑)。

 

こちらのカフェは内装も上品で落ち着ける空間です。

いつまででも過ごしていたくなる気持ちを抑えて、帰路につきます。

 

 

帰りの車中のお題は、「まったく上司という生き物は…!」

 

それぞれの体験談を参照枠として心の片隅に落とし込み、「合コンさしすせそ」をナチュラルに職場で応用していたクライアントさんを私と友人で大賞賛したところで今回のリトリートセッションは終了。

 

 

今回も濃密な時間となりました。

運転のみならず、掲載した画像のほとんどが友人Kさんの撮影。

いつもご協力ありがとうございます!

 

現在のところ、次のリトリートセッションは再びの虻田神社。

訪れる場所は以前と違うかもしれませんが、やっぱり不思議な時間になることでしょう。

 

 

神社リトリートセッションの詳細は、メニューページでご覧いただけます。

6月末までの早期のお申込みがお得です!


 

| 05:32 | 時空力メソッド | - | - | posted by 蒼(あおい)



 セッション詳細は
 『メニューページ』から
 ご覧いただけます

| 1/284 | >>